広川町高齢者等徘徊SOSネットワーク

広川町高齢者等徘徊SOSネットワークとは

高齢者や障がい者等が行方不明になり、ご家族等から警察へ捜索願が出されたときに、協力機関と連携し、

行方不明になられた人の情報を基に、早期発見・保護につなげることを目的としたネットワークです。

協力機関は、日常の業務や生活の範囲内で協力し、得られた情報等を警察に連絡します。

また、ご希望があれば、町の無線放送や県のメールシステム(防災メールまもるくん)を活用して

情報を配信することもできます。

行方不明者情報を協力機関に伝達

 行方不明事案が発生し、町に支援要請がなされた場合、主に4つの支援を行います

  1. 町防災無線により、行方不明者情報を町内全域に放送する。
  2. 福岡県防災メールにより、町の地域安全情報として、行方不明者情報を登録者へメール配信する。
  3. SOSネットワーク協力機関(民生委員、消防団員、介護事業所等)に、行方不明者情報を提供する。
  4. 高齢者等徘徊SOSネットワークの広域連携に関する協定を締結している県南部11市町へ、行方不明者情報を提供する。

 上記を通じて情報を受けた協力機関は、業務中や生活の中で、周囲に当該行方不明者がいないか確認いただき、早期発見にご協力いただきます。

 支援を要請される場合は、広川町高齢者等徘徊SOSネットワークによる支援要請書兼同意書を、広川町役場福祉課高齢者支援係まで提出してください。

徘徊のおそれのある人は事前の登録を

徘徊のおそれのある高齢者等の名前、特徴や写真などの情報を、ご家族や本人の同意を得て、SOSネットワークに事前登録しておくことで

徘徊等により行方不明になった場合に協力事業所への情報発信が速やかに開始されます。

事前登録を希望される場合は、広川町高齢者等徘徊SOSネットワーク事前・緊急登録票兼台帳を、広川町役場福祉課高齢者支援係まで提出してください。

様式ダウンロード

SOSネットワークへの協力団体の登録

「広川町高齢者等SOSネットワーク」の参加に同意し、協力団体として活動していただける団体を随時募集しています。

下記の登録承諾書を、広川町役場福祉課高齢者支援係まで提出してください

ちくご認知症高齢者等SOSネットワーク

行方不明となられた人が、住まいのある町の外で発見されることは少なくありません。

そこで、筑後地域の12の市町(大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、うきは市、みやま市、大刀洗町、大木町、広川町)では

「ちくご認知症高齢者等SOSネットワーク広域連携」を実施し、行方不明になられた人を各市町が連携して早期に発見する協力体制を整えています。

(注意)チラシ掲載の大牟田市の問い合わせ先の変更について
 担当課:大牟田市長寿社会推進課 から 大牟田市健康長寿支援課
 問い合わせ先:0944-41-2683 から 0944-41-2672に変更されています。

「防災メール・まもるくん」の登録について

県の 「防災メール・まもる君」(外部サイト) へ登録することで、災害や防災に関する情報以外にも

行方不明者の情報がメールで届きます。画面の指示に従って必要事項を登録してください。

下のQRコードを読み取ることでも画面登録へ進むことができます。

防災メールまもる君QRコード

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 高齢者支援係

〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
電話:0943-32-1113/ファクス:0943-32-5164

メールでのお問い合わせ