固定資産税における住宅用地申告書

住宅用地の認定については申告が必要です。

住宅用地の申告

 :住宅用地については、その税負担を特に軽減する必要から、所有者からの申請により課税標準の特例措置が適用されます。

 :土地の所有者は、住宅用地の課税標準の特例措置の適正な運用のため、土地の利用状況が次のように変わった場合には、申告書の提出をお願いします。

  1. さら地に住宅を新築され、新たに住宅用地になった場合
  2. 店舗などが住宅に改築され、住宅用地になった場合
  3. 店舗等併用住宅で、居住部分とそれ以外の部分の床面積に変更があった場合
  4. 住宅が店舗などに改築され、住宅用地でなくなった場合
  5. 敷地の一部を住宅用地以外(例:貸駐車場など)に利用した場合
  6. 住宅が取り壊され、住宅用地でなくなった場合
  7. 住宅用地の住宅戸数に変更のあった場合
  8. 災害により住宅が損壊などし、その翌年又は翌々年の1月1日現在、その敷地に家屋等がなく、一定の要件に該当する場合

申告期限

  •  1.~7.:その事由のあった年の翌年の1月31日まで
  •  8.:::災害にあった年の翌年又は翌々年の1月31日

現地の確認

 申告後、現地を確認させていただく場合がありますのでご了承下さい。

ダウンロード

 申告書様式は、下記のダウンロードファイルをご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 課税係

〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
電話:0943-32-1114/ファクス:0943-32-5164

メールでのお問い合わせ