水痘

 「水ぼうそう」とも呼ばれており、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したときに引き起こされる、最も感染力の強い感染症のひとつです。直接接触、飛沫あるいは空気感染により10から20日程の潜伏期間後、発疹や発熱といった症状が出ます。通常、1週間程度で治癒する疾患ですが、まれに、脳炎や肺炎、肝機能の異常を伴うことがあります。

水痘ワクチンの接種時期

  •  (注意)すでに水痘に罹ったことのある人は、接種の必要はありません。
  •  (注意)任意接種として水痘ワクチンの接種を受けたことがある人は、すでに接種した回数分の定期接種を受けたものとみなされます。
水痘ワクチンの接種時期の詳細

接種時期

期別

間隔

生後12月から36月に至るまで

 1回目

標準的な接種期間は、生後12月から15月に至るまで

生後12月から36月に至るまで

2回目

1回目終了後、3か月以上の間隔 (標準的には6月から12月に至るまでの間隔)

この記事に関するお問い合わせ先

住民課 健康係

〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
電話:0943-32-1112/ファクス:0943-32-5164

メールでのお問い合わせ