逆瀬ゴットン館

施設について

大きな水車が回っている水車小屋を斜め横から全体を写した写真

「水車と青石垣の里」として平成7年にオープンしました。
水車大工として全国的に有名で、数多くの水車を建設した故中村忠幸氏設計による水車が設置されており、県内一で直径7メートルの水車が、ゆっくりのんびり「ゴットン、ゴットン」と音を立てながら回転しています。

水車動力を使った搗臼(つきうす)4基、挽臼(ひきうす)1基が稼働し、5時間かけて米をつき、水車米として売り出しています。
ログハウスの建物では、水車のひき臼でひいたそば粉に、逆瀬谷薬師堂の地下水を使ったこだわりの「水車そば」も堪能できます。

水車の横のログハウスの中に造られている水車の碾き臼の写真
  • 営業時間:11時から16時まで
  • 休日:火曜日、第3月曜日
  • 交通:九州自動車道広川インターチェンジ下車後約25分
  • 駐車場:あり(10台)

問い合わせ

大きなまな板の上でそばを切っている職人さんの手元を写した写真

さかせ会

ゴットン館総括責任者 永野住男

電話:0943-32-6525

住所

郵便番号834-0102
福岡県八女郡広川町大字水原2777番地1
電話:0943-32-6525

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興課 商工観光係

〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
電話:0943-32-1142/ファクス:0943-32-5164

メールでのお問い合わせ