さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)

 町内でも多くの野良猫(以下、「飼い主のいない猫」という。)が見受けられ、飼い主のいない猫の糞や子猫の繁殖といった被害で困っているといった相談が多く寄せられています。猫は犬とは異なり登録制度がなく、外でみかける猫は飼い猫なのかどうか判断がつかず、その対策が難しい状況です。また、雌猫は生後4か月から12か月で子猫を産みます。放っておくと、1組のオスとメスがあっとう間に1年で何十匹にも増えてしまいます。福岡県の猫殺処分は1851匹(平成30年度)であり、その大半が子猫です。それ以外にも交通事故、餓死で死んでいる子猫がたくさんいます。

さくらねこ無料不妊手術事業とは?

 広川町では、公益財団法人どうぶつ基金が手術費を全額負担する「さくらねこ無料不妊手術事業」に行政枠として登録し、TNR活動を行うキャットサポーター等と連携してTNR活動に取り組んでおります。 

 飼い主のいない猫に対して、さくらねこ TNRを実施することで繁殖を防止し、「地域の猫」「さくら猫」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫に関わる苦情や殺処分の減少に寄与する活動です。

TNR活動とは?
 飼い主のいない猫を捕獲し【Trap】不妊去勢手術を行い【Neuter】元の場所に戻す【Return】活動です。
(TNRが済んだ猫は、目印のために耳先V字カットを施します。)

(※)公益財団法人どうぶつ基金について
動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の建設に寄与することを目的に各種事業を行う団体です。

★「公益財団法人どうぶつ基金」(外部サイト)