ひとり親世帯臨時特別給付金再支給のご案内

新型コロナウイルス感染症により影響を受けた、ひとり親世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため支給している「ひとり親世帯臨時特別給付金」について基本給付の再給付が実施されます。

 

支給対象者

令和2年12月11日時点で、以下(1)から(3)のいずれかに該当する方(児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります) として、既にひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)支給を受けている又は申請している方

(1)令和2年6月分の児童扶養手当受給者

(2)公的年金などを受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けていない方
既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受け、支給要件に該当するが、年金などを受けていることにより児童扶養手当額が全額停止となっている方、令和2年5月までに児童扶養手当の申請をし、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止された方も対象になります。
【公的年金とは】遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方
児童扶養手当の資格(受給)はないが、ひとり親の方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、児童扶養手当を受けられる水準まで収入が下がった方が対象です。

(注意)ひとり親とは、児童扶養手当法第4条に定める支給要件を満たし、18歳になった年の年度末までの児童、もしくは一定の障がいのある20歳未満の児童を養育する方。

(注意)令和2年12月11日時点でまだ基本給付の申請を行っていない方で、同日以降に基本給付の申請を行う方は、再給付分の基本給付について併せて申請行うことで、支給が受けられます。

 

基本給付支給額

1世帯5万円
第2子以降1人につき3万円

給付金の支給手続き

令和2年12月11日時点で、既に1回目の支給を受けている又は基本給付の申請をしている方

申請は不要です。
再支給分は、令和2年12月25日振込済になっていますのでご確認をお願いします。

(注意)前回の基本給付の支給を受けるに当たって指定していた口座を解約している場合は、振込指定口座の変更手続きをお願いします。

 

令和2年12月11日以降に基本給付の申請を行う方

以下の(1)または(2)のいずれかに該当する方は、お早めに基本給付の申請を行ってください。再給付分の基本給付と併せて申請可能です。

(1)公的年金などを受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けていない方

申請が必要です。申請内容を確認後、可能な限り速やかに振り込みます。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

申請が必要です。申請内容を確認後、可能な限り速やかに振り込みます。(令和2年7月以降の児童扶養手当受給者も含みます。)

申請受付期間

令和3年2月28日まで

給付を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

給付金支給事務で不明な内容があった場合には、広川町や厚生労働省の職員などから問い合わせを行うことがありますが、広川町の職員からATMの操作をお願いすることは絶対にありません。広川町の職員をかたった不審な電話がかかってきたり、郵便が届いたりしたら迷わず、最寄りの警察署、または警察相談専用ダイヤル(♯9110)までご連絡ください。

お問合せ

個々の状況によって、提出していただく書類が異なりますので、ご不明な点などありましたら、給付金担当課(福祉課子育て支援係)まで問い合わせください。

福岡県広川町福祉課子育て支援係

郵便番号834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804番地1
電話:0943-32-1113
ファクス:0943-32-5164

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 子育て支援係

〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
電話:0943-32-1113/ファクス:0943-32-5164

メールでのお問い合わせ