PCB使用安定期器の期間内処分をお願いします!

高濃度PCB使用安定器は令和3年3月31日までに処分を!!

昭和52年(1977年)3月以前に建築された事業用建物(工場やビル、倉庫、マンションなどの共同住宅の共用部分など)の照明器具および屋外灯にはPCBを含む安定器が使用されているおそれがあります。

福岡県内でPCB使用安定器をお持ちの場合は、令和3年3月31日までに処分を行わなければなりません。所有者はJESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)と処理委託契約を締結し、期間内に必ず処分してください。処分期間までに処分していない場合は行政処分の対象となる可能性があります。

(注意)一般家庭用の蛍光灯などの安定器にはPCBは使用されていません。

PCBとは?

PCBとは水に溶けない、化学的に安定している、絶縁性がよいなどの性質を有する工業的に合成された化合物のことです。電気機器用(安定器)の絶縁油や各種工業における熱媒体などさまざまな用途に利用されてきましたが、人体に有毒であることが判明したため、現在は新たな製造が禁止されています。

安定器とは?

安定器は電灯のちらつきを抑えるために証明器具に設置された装置のことです。装置内に内蔵されたコンデンサーに使用されている巻紙のすき間に数十グラム程度のPCB油が含侵されているものがあります。

処分先

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)
電話:093-522-8588

問い合わせ先

福岡県環境部廃棄物対策課計画指導係
電話:092-643-3363

この記事に関するお問い合わせ先

環境衛生課 生活環境係

〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
電話:0943-32-1138/ファクス:0943-32-5164

メールでのお問い合わせ