地域コミュニティ施設等デジタル化推進事業について

新型コロナウイルス感染症の影響により、これまで各地域の公民館等で開催されていたイベントのほか、子ども会、壮年会、老人会の会合も中止や規模縮小を強いられ、どの地域も運営に苦慮しています。

一方で、インターネット回線を活用した対話(いわゆる「オンライン形式」)が、職場や学校のだけでなく、施設や病院の面会でも活用されるようになっています。オンライン形式は、さまざまな会議やイベントでも活用されており、今後も新しい生活様式として、地域においても普及、定着していくことが見込まれます。

このような状況を踏まえ、町としては、地域活動の継続と感染防止の両立を図るため、令和3年度、以下の事業に取り組んでいます。

地域コミュニティ施設等デジタル化推進事業のイメージ

(1) 自治公民館へのオンライン化促進補助金事業

地域住民が地域活動に参加しやすい環境の整備を図るため、行政区自治会が行う会議や行事等をオンライン化するために要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

広川町地域活動オンライン化等促進事業補助金交付要綱(PDFファイル:187.1KB)

様式第1号(第4条関係)補助金等交付申請書(Wordファイル:14.6KB)

様式第5号(第12条関係)補助事業等実績報告書(Wordファイル:14.1KB)

様式第7号(第14条関係)補助金等交付請求書(Wordファイル:16.3KB)

(2) 地域活動におけるオンライン活用の実践事例講座

会議やイベントのオンライン化とはどういうこと?オンライン導入で何ができるの?といったことをはじめ、他地域で実践されている事例について学びます。

自治会役員だけでなく、どなたでも参加いただけます。昼間はお仕事で参加できない方のために、講座は同じ内容で2回に分けて、夜間にも開催しますので、関心ある方はお気軽にご参加ください。

日程:令和3年10月25日(月曜日)

時間:第1部は16時から17時30分まで。第2部は19時から20時30分まで。

場所:広川町保健福祉センターはなやぎの里3階大ホール

申込み:令和3年10月22日(金曜日)までに、お名前と連絡先をご連絡ください。

問合せ・申込み先:広川町役場政策調整課

電話0943-32-0106、メールseisaku@town.hirokawa.lg.jp

講師画像

講師:秋山翔太郎さん

1986年福岡市生まれ、2004年より佐賀市在住。特定非営利活動法人佐賀県CSO推進機構 副代表理事。佐賀市市民活動プラザ 副プラザ長。

年間130件ほどの相談を受け、研修や講座の企画運営、オンライン活用支援を実施。公民館や市民活動支援施設等でも研修や講座の講師を務める。

(3) 地域活動オンライン化導入講座

今後、公民館等における会議やイベント等でオンラインを導入するにあたり、企画や機材の使用に関する知識や技術を身につけた人材の育成を図る講座を開催いたします。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

(4) 町公共施設における通信環境の整備及び資機材購入

町民交流センターいこっと研修室でも、インターネットが利用できる環境整備を図ります。準備が整い次第、あらためて周知を行います。

この記事に関するお問い合わせ先

政策調整課 政策調整係

〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代1804-1
電話:0943-32-0106/ファクス:0943-32-5164

メールでのお問い合わせ