本文

昭和30年代には

更新日:2005年7月1日このページを印刷する

昭和30年 町村合併促進法に基づき、上広川村、中広川村が合併して町制を施行し、「広川町」が誕生する、議員定数42名となる。
町長職務執行者に重野新氏が就任。(S30年4月1日)
第1回広川町長選挙を執行。初代町長に藤島儀市氏が当選。(S30年4月30日)
広川町、国民健康保険事業を開始する。(S30年9月)
下広川村の一部を編入合併し、人口16,302人、議員の定数53名となる。(S30年12月1日)
第1回町議会議員選挙が、小選挙区制を取り入れ、上地区10名、中地区10名、下地区5名、計25名で行われた。(S30年12月1日3日執行)
昭和31年 第1回広川町成人式が開催される(S31年1月15日)
下広川小学校校舎改築(木造2階建4教室)(S31年7月)
昭和32年 広川町立下広川保育所が開所する。(S32年5月1日)
広川町青年団発足(S32年4月)
広川町母子福祉会結成(S32年9月)
昭和33年 広川町婦人会が発足する。(S33年4月)
上広川、中広川、下広川中学校を統合し、広川町立広川中学校が新設される。(S33年5月1日)
広川中学校工事完了・新校舎移転(S33年8月)
昭和34年 国道3号線吉里橋の渡り初めを行う。(S34年4月2日)
広川町初の老人クラブが内田区に結成される。(S34年9月)
上広川小学校第2校舎建築(S34年12月)
※この年、広川町の高齢化率が7.2%となる。(国勢調査統計)
昭和35年 広川町消防団の再編成。団員620名(S35年4月)
広川ダム建設委員会を結成。ダム予定地用水路の調査実施(S35年4月)
広川町に保健士を設置。(S35年8月)
昭和36年 農山漁村総合振興事業(下広川果樹出荷場と上広川果樹選果場建設)(S36年2月)
広川中学校体育館完成(S36年3月)
中広川小学校校舎、講堂の移転改築(S36年4月)
中学校剣道部室、技術室、普通教室2増完了(S36年5月)
サギ草を福岡県文化財に指定(S36年10月)
広川中学校プール完成(S36年12月)
上広川小学校第1校舎を改築(S36年12月)
昭和37年 広川ダム計画説明会の開始(S37年2月)
上広川小学校運動場を拡張(S37年2月)
農業協同組合が有線放送業務を開始する。(S37年4月1日)
第1回広川町民体育祭が開催される。(S37年10月)
国土調査に着手(S37年10月)
広川中学校柔道場開設(S37年12月)
昭和38年 石人山古墳保存工事完成(S38年3月)
消防機構改革。消防団再編。団員200名(S38年4月)
第3回広川町長選挙にて藤島茂氏が無投票当選。(S38年4月)
広川町老人クラブ連合会が結成される。(S38年9月)
昭和39年 3農協が合併して、広川町農協が設立される。(S39年4月)

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ まちづくり係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1196 Fax:0943-32-4287 メールでのお問い合わせ