本文

広川ダム・広川ダム公園

更新日:2005年7月11日このページを印刷する

Img_4_4   広川ダム・広川ダム公園

   広川は町の南部を東から西に流れながら、途中いくつかの堰(頭首工)で農業用水を取水して、田畑をうるおしており、町の名前の由来にもなっています。
   しかし、一方で大雨の時には、たびたび氾濫し、川沿いの田畑や集落は浸水していました。そこで、洪水を防ぐため、上流の水原地区に昭和47年(1972年)ダムがつくられました。
 このダムは、およそ100万トンの貯水能力を持ち、広川下流への流量を調節することで洪水を防止しています。

   広川ダムは、春には500本の桜並木が花を咲かせ、夏には、野鳥の声と森林浴が楽しめ、釣り愛好者にも人気のレジャースポットです。
 ダムサイドは、人工と自然がとけ合って最適な自然公園となっています。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 商工観光係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1142 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ