本文

弘化谷古墳

更新日:2016年1月26日このページを印刷する

施設について

弘化谷古墳(全景)

石人山古墳とは谷をはさんで同じ八女丘陵の上に築かれている、直径約39メートル、高さ約7メートルの大形円墳です。
調査の結果、古墳のまわりには外提と呼ばれる土手がめぐり、空濠があったと考えられます。
現在外提を含めて、直径55メートルにもなる当時の姿を復元しています。

石室正面奥に造られた石屋形の内壁には、壁画が描かれていました。
石屋形奥壁には、薄く赤を地塗りした上に濃い赤や石材の緑色で三角文・円文・双脚輪状文が描かれ、靫(矢筒のこと)は輪郭が線刻されています。

住所

〒834-0122
福岡県八女郡広川町大字一條1436番地2

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。