本文

税金の支払い

更新日:2017年2月13日このページを印刷する

 納付書

 町県民税…6月中旬に一年分の納付書(1から4期分)を送付します。
 固定資産税…4月中旬に一年分の納付書(1から4期分)を送付します。
 軽自動車税…5月中旬に納付書を送付します。
 国民健康保険税…一年度を9期に分け、5月(暫定)1期分、7月(本算定)2から9期分の納付書を送付します。
  ※ 口座振替の人は、第1期(国保税は第1期(5月分のみ)および第2期)送付の際に振替日の通知をします。
 ・納付書をお持ちになり、福岡銀行本店・各支店、福岡八女農業協同組合本店・各支店、筑後信用金庫本店・各支店、九州内のゆうちょ銀行・各郵便局(沖縄県を除く)で納期限までにお支払いください。(広川町役場内指定金融機関でもお支払いできます)
 ・領収書はお支払いを証明するものですので、大切に保管してください。
 ・納付書をなくされた場合は再発行できますので、税務課にご相談ください。

 口座振替

  各納期限に、指定された口座から税金を自動的に引き落としますので、期限毎に支払いに行く手間が省け、また払い忘れを防ぎますので安全で便利です。
 利用できる金融機関
   福岡銀行、福岡八女農業協同組合、筑後信用金庫、ゆうちょ銀行、筑邦銀行、西日本シティ銀行
  町内の金融機関および税務課に口座振替依頼書がありますので、記入され、預金通帳と印鑑(通帳登録印)をお持ちのうえ、依頼される金融機関に提出ください。
  口座の変更・解約も同様の手続きでお願いします。
 ※ 口座振替は申し込み日の翌月からになります。(郵便局は11日以降受付け分については翌々月からの振替)
 注意
 1. 国民健康保険税については、世帯主を変更された場合引き続き口座振替ができませんので、お手数ですが新しい世帯主様名義で口座の手続きをしてください。
 2. 残高不足、口座解約等で納期限日に口座から振替できなかった場合は、数日後に送付します納付書にて納めてください。

 税金の還付

  税金を納めすぎた場合(同じ税金を二重に支払われたり、税金を支払った後に税額が変更になった場合等)は、納めすぎた分をお返しします。
 納税義務者に通知し、役場に直接取りに来ていただくか、納税義務者の口座に振込ませていただきます。
  もしも他の税金の支払いがお済みでない場合は、還付金を充当させていただきますので、ご了承ください。

 税金の滞納

  税金は納税者自身が自主的に期限内に申告・納税をする「自主納付」が本来の姿です。
  広川町は、「自主納付」 の推進に努めています。
 ○滞 納
  定められた納期限までに税金を納めないことを「滞納」といいます。税負担の公平を保つためにも滞納を放っておくことはできません。また、滞納者自身にとっても延滞金がかさんでいくことになり、納税がおそくなるほど負担が大きくなっていきます。そのため、納期限までに全額納税されていない方には、早く納税していただくように督促状や催告書を送付しています。
  しかし、それでも自主的に納めていただけない場合は滞納処分(差押等)を執行します。
 ○延滞金
  納期限を過ぎて未納となっている場合には、次で計算した延滞金が加算されます。

 

計算表

注1
  計算の基礎となる金額に1,000円未満の端数があるとき、またはその全額が2,000円未満であるときは、その端数金額または全額を切り捨てます。
 注2
  【平成25年12月31日以前の期間に対応する割合】
  (1)納期限の翌日から起算して1か月を経過する日までの期間は年7.3%の割合を適用します。ただし、その期間のうち平成12年1月1日以後の期間については、当該期間の属する各年の前年の11月30日を経過する時点における日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率に年4%の割合を加算した割合が年7.3%に満たないときは、その加算した割合を適用します。
  (2)納期限の翌日から起算して1か月を経過する日の翌日以降、納付の日までの期間は、年14.6%の割合を適用します。
 【平成26年1月1日以後の期間に対応する割合】
  (1)納期限の翌日から起算して1か月を経過する日までの期間は年7.3%の割合を適用します。ただし、特例基準割合※が年7.3%に満たないときは、当該特例基準割合に年1%を加算した割合(当該加算した割合が年7.3%の割合を超える場合には、年7.3%の割合)を適用します。
  (2)納期限の翌日から起算して1か月を経過する日の翌日以降、納付の日までの期間は、年14.6%の割合を適用します。ただし、特例基準割合※が年7.3%に満たないときは、当該特例基準割合に年7.3%の割合を加算した割合を適用します。
 ※特例基準割合…各年の前年に租税特別措置法第93条第2項の規定により告示された割合に年1%の割合を加算した割合
 注3
  (1)計算された延滞金額に百円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てます。
  (2)計算された延滞金額の全額が千円未満である時は、延滞金の請求はいたしません。
  ※前記計算式によって計算され確立した延滞金額について、その延滞金額自体が一部納付されたことなどによって千円未満になったときまたは百円未満の端数が生じたときは、注3の(1)および(2)の適用はありません。
 ○差押処分
  滞納町税について、法律は「督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに完納しないときは財産を差し押さえなければならない。」と定めています。
  しかし、広川町では納税者の人の単なる不注意や特別な事情により納付できなかったことを考慮して、催告書を送付したりして、できるだけ早く税金を納めていただくようにしています。
  それでもまだ納付していただけないときは、全額納められた納税者との公平を保つため、また、町民の財産である大切な町税を確保するため、やむを得ずその人の財産(生命保険、預貯金、不動産、給与、売掛金、動産等)を差し押さえます。

 納税方法のご相談

  何らかの理由で、納期毎の納税が困難と思われる場合は、早めに税務課の窓口にご相談ください。

 審査請求

税金について不服がある場合は、納税通知を受け取った日の翌日から起算して3か月以内に、書面をもって審査請求をすることができます。
処分の取消しの訴えは、当該審査請求に対する裁決の送達を受けた日の翌日から起算して6か月以内に広川町を被告として提起することができます。
なお、処分の取消しの訴えは、前記の審査請求に対する裁決を経た後でなければ提起することができないこととされていますが、下記の事項のいずれかに当てはまる場合には裁決を経ないでも処分の取消しの訴えを提起することができます。
 1. 審査請求があった日から3か月を経過しても裁決がないとき
 2. 処分、処分の執行または手続きの続行に生じる著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき
 3. その他裁決を経ないことにつき正当な理由があるとき

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 納税係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1114 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ