本文

中学生が「未来のまち」についてワークショップ実施

更新日:2014年12月11日このページを印刷する

 中学生まちづくりワークショップ

 平成26年11月9日(日曜日)、町民交流センター「いこっと」において、広川中学校の生徒による「まちづくりワークショップ」が開催されました。
 この日のワークショップには、3年生から1年生までの生徒会を中心とした生徒33人が参加し、6班に分かれて、町の「良い所」「気になる所」「将来どんな町にしたいか」「まちづくりのために自分でできること」などについて意見交換を行い、意見発表をしました。

Img_121_4
Img_121_5
Img_121_6
Img_121_7

 ●主な意見【良い所】

 ・川や緑が多く自然環境が良いところ
 ・おいしい果物が豊富。ガーベラなどの花生産や絣などの伝統産業があること
 ・工業団地があったり、コンビニが多くあったり、病院があって便利なところ
 ・広川インターがあり交通利便が高いところ
 ・人が元気で、やさしいところ

 ●主な意見【悪い所】

 ・ごみの散乱や動物のフンなどの問題
 ・大きな商業施設がない。遊ぶ場所がない。
 ・道が暗いところや、交通量が多いところがある
 ・公共交通の問題。電車が通っていない。
 ・不審者の存在
 ・少子高齢化が進んでいる

 ●住みよい町にするために自分たちでできること

 ・ボランティア活動を積極的に行う
 ・元気にあいさつをする
 ・インターネットを活用して町を宣伝する

 まちづくりワークショップ結果報告は次のとおりです。

中学生ワークショップ結果報告 [PDFファイル/2.77メガバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 政策調整係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-0106 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ