本文

児童扶養手当について

更新日:2018年4月1日このページを印刷する

  児童扶養手当制度とは、父母の離婚・父(母)の死亡などによって、父(母)と生計を同じくしていない児童について、手当を支給する制度です。

対象者

 手当は、次のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者、障がい児については20歳未満)を監護している母(父)、または母(父)に代ってその児童を養育している人に支給されます。ただし、所得制限があります。

  1. 父母が離婚した
  2. 父(母)が死亡した
  3. 父(母)が障がいを持っている(年金の障がいなど級1級程度)
  4. 父(母)の生死が不明
  5. 父(母)から1年以上遺棄されている
  6. 父(母)が裁判所からのDV保護命令をうけている
  7. 父(母)が引き続き1年以上拘禁されている
  8. 未婚で出産した

 

なお、手当の対象者の中でも以下の場合は対象になりません

  1. 母(父)が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係があるとき
  2. 母(父)、養育者または対象児童が国内に住所がないとき
  3. 対象児童が里親に委託されたり、児童福祉施設や少年院などに入所しているとき
  4. 平成15年4月1日時点で、手当の支給要件に該当してから5年経過しているとき

手当額

平成30年4月から手当額が改定されました。(平成30年8月支給分から)
 
全部支給:42,500円
一部支給:10,030円から42,490円
(請求者の所得により決まります)
児童が2人の場合2人目が10,040円、3人以上の場合それ以降1人につき6,020円加算
支払時期:4月/8月/12月

手続きに必要なもの

  1. 児童扶養手当認定請求書(広川町役場にあります)
  2. 請求者および対象児童の戸籍謄本
  3. 印鑑、そのほか必要な書類(預金通帳・賃貸借契約書など)

平成26年12月から児童扶養手当法の一部が改正されました。

 これまで公的年金(※)を受給する人は、児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い人は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。
 (※)遺族年金、老齢年金、障がい年金、労災年金、遺族補償など

(1)今回の改正により新たに手当を受け取れる場合

  • 児童を養育している祖父母などが、低額の老齢年金を受給している場合
  • 父子家庭で、児童が低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、児童が低額の遺族厚生年金のみを受給している場合など

(2)新たに手当を受給するための手続き

 福祉課子育て支援係へ申請が必要です。
 支給要件によって必要書類が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

(3)支給開始日

 申請の翌月分から支給開始となります。

 受付窓口

 広川町役場 福祉課
 Tel 0943-32-1113 内線(124)

 ※広川町役場は、受付したものを福岡県庁に送る仕事をしています。実際の認定機関は福岡県庁になります。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 子育て支援係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1113 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ