本文

新型コロナウイルス感染症に関する情報

更新日:2020年8月6日このページを印刷する

感染症対策へご協力ください

  • 手洗いや咳エチケットに努めてください。
  • 3つの「密」(密閉空間・密集場所・密接場所)を避けましょう。
  • 土日の不要不急の外出、首都圏や関西など感染が拡大している地域への往来、病院や高齢者施設への面接訪問を避けましょう。
  • 以下のうち、業種別ガイドラインを順守していない店の利用を自粛しましょう。順守しているかどうかは、感染防止対策に取り組んでいることがわかる掲示(県の「感染防止宣言ステッカー」など)をご確認ください。また、8月8日(土曜日)から8月21日(金曜日)までは、利用(会食、飲み会など)は2時間以内とし、2次会、3次会はお控えください。
    • 特措法施行令第11条第1項第11号に規定する遊興施設のうち、次に当てはまるもの
      • 接待を伴う飲食店(名称にかかわらず客の接待を伴うもの)
      • 酒類の提供を行う飲食店(バー、ナイトクラブなど)
      • 酒類の提供を行うカラオケ店
    • そのほかの酒類の提供を行う飲食店(居酒屋など)
  • 海外の渡航は外務省の通知に従ってください。
  • 感染したかもと思ったら、「帰国者・接触者相談センター」やかかりつけ医へまず電話でご相談ください。

手洗い

キャプチャ

外出先から帰宅したときや調理の前後、食事前など、こまめに石鹸で手を洗い、アルコール消毒液などを利用しましょう。

 

咳エチケット

咳エチケット

咳やくしゃみを手でおさえると、手で触ったもの(ドアノブなど)にウイルスが付着し、他者へ病気をうつす可能性があります。咳やくしゃみをするときは、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使い、口や鼻をおさえましょう。

 

3つの「密」を避ける

3つの密

「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」を避けましょう。3つの条件がそろう場所は、クラスター(集団)発生のリスクが高くなっています。

 

事業者への協力要請

8月5日の「福岡県と市町村による新型コロナウイルス感染症に係る緊急会議」で、福岡県知事から事業者へ新たな協力要請が示されました。

対象

  • 特措法施行令第11条第1項第11号に規定する遊興施設のうち、次に当てはまるもの
    • 接待を伴う飲食店(名称にかかわらず客の接待を伴うもの)
    • 酒類の提供を行う飲食店(バー、ナイトクラブなど)
    • 酒類の提供を行うカラオケ店
  • そのほかの酒類の提供を行う飲食店(居酒屋など)

要請内容

  • 業種別ガイドラインを順守し、感染防止対策に取り組んでいることが利用者に分かるようにすること。その際、県の「感染防止宣言ステッカー」などを活用すること。
  • 8月8日(土曜日)から8月21日(金曜日)までは、利用者の滞在時間が2時間以内となるよう促すこと。

広川町内の発生状況

詳細は「 八女郡広川町内における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況別ウィンドウで開きます 」をご確認ください。

相談窓口

一般的な相談窓口

福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口[24時間対応]

電話:092-643-3288
ファックス:092-643-3697

新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の相談窓口

帰国者・接触者相談センター

電話:0944-68-5224
電話:0944-72-2812
電話:092-471-0264[夜間・休日]

相談の目安

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状がある
  • 重症化しやすい人(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある人、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある(妊婦の人も同様)
  • 上記以外の人で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く

※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。
※症状には個人差があります。強い症状と思う場合はすぐにご相談ください(解熱剤などを飲み続けなければならない人も含む)。
※この目安は、国民のみなさまが相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱などの症状が見られたら、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱などの症状が見られたら、毎日体温を測定して記録する。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちで症状に変化がある人、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な人は、まずはかかりつけ医などに電話でご相談ください。
  • 複数の医療機関を受診することで感染が拡大した例があります。複数の医療機関を受診することはお控えください。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。
  • 小児は帰国者・接触者相談センターや、かかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

町役場での感染防止体制

各課の窓口カウンターは、飛沫感染防止のためビニールシートで仕切っています。人と人との交わりを減らすため、町民の皆さまも以下の取り組みにご協力ください。

  • 各種行政サービスに関する相談、各課への問い合わせなどは、電話や電子メールを利用する
  • 各種証明書や申請、手続きは、郵便請求や郵便申請を利用する(詳しくは各担当課へお問い合わせください)
    • 郵便請求ができる例……所得証明書、住民票の写し、戸籍謄本など
    • 郵便申請ができる例……マイホーム取得支援補助金、生ごみ処理容器など購入補助金など
  • 町役場へはマスクを着用して来庁する
  • 庁舎出入り口や庁舎内に設置している手指用の消毒液を利用する

イベントの中止・延期情報

詳細は「 新型コロナウイルス感染症に伴うイベント中止・延期情報別ウィンドウで開きます 」をご確認ください。

公共施設の休館・貸し出し中止

詳細は「 町内公共施設の貸し出し・利用再開状況別ウィンドウで開きます 」をご確認ください。

行政の取り組み

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、転入届などの届出期間延長や申告期限延長などを行っています。
詳細は「 行政の取り組み別ウィンドウで開きます 」をご確認ください。

生活者・事業者への支援

詳細は「 支援情報別ウィンドウで開きます 」をご確認ください。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 新型コロナウイルスに関すること ]