本文

久敬さんの天登り

更新日:2005年7月1日このページを印刷する

 久敬さんの天登り●第16回(99年3月掲載)

 

久敬さんの天登り

  その昔、宅間田村に久敬(きゅうけい)さんと言う名の、大変トンチのきく人が住んでいました。
  ある日のこと久敬さん宅では家の新築をすることになり、土を運んで地高めをしました。ところが地面がなかなか固まってくれません。うまく地面を固めるために、何かよい知恵はないものかと、ひと晩じっくりと考えてみました。あくる朝、久敬さんは大声で、「きょう天に昇るけん、だっでんうちに集まって」と、村中に触れて回りました。それを聞いた村人たちは、「久敬さんが天に昇るち、いったいどげなこつじゃろか」と首をひねりながら、ぞろぞろと連れ立って、久敬さん宅へ集まって来ました。そこには地高めした土地のまん中に、太くて長い竿が立てられていて、その根元に久敬さんが立っています。
  村人たちの集まり具合を見はからって、久敬さんはおもむろに口を開き、「集まってもろたつはほかでもなか。今から天に登るけん、おりが一尺登るごつに、だっでん手をたたいて、力一杯に足ば踏みならして応援してもらえんじゃろか」と頼みました。村人たちは言われたとおりに、久敬さんが一尺、二尺と登るごとに、手をたたいては力強く足を踏みならしました。「そん調子、そん調子バイ」と言ってニヤリとしながら、久敬さんはさらに高く登っていきました。
  村人たちもそれにつられてさらに力強く、「久敬さん、ガンバランない」と手をたたき、足を踏みならし続けました。
  それを何回も何回もくり返しているいるうちに久敬さんは、とうとう竿のてっぺんまで登り着き、上を見上げながら、「しもたぁ!ねえごつか知らんばってん、今日は天の入り口の戸の閉まっとるけん、いかれんバイ」と言うやいなや、一気にするすると降りて来たではありませんか。あっけにとられた村人たちは、「なぁんか、そげなこつじゃったつか」と、ぶつぶつ言いながら帰っていきました。
  その後で久敬さんは、「天に登られんちゃ分かっとる。ほんな目的は、地面ば固めるこつじゃった。お陰でむごう地の固まった」と、言って周囲を大笑いさせたとか。

<方言解説>
 だっでん ・・・ 誰れでも。
 どげなこつ ・・・ どんなこと。
 しもたあ ・・・ しまった。
 ねえごつか ・・・ なにごとか。
 なぁんか ・・・ なぁんだ。
 むごう ・・・ うまく、立派に。
 そげなこつ ・・・ そんなこと。

 広川町郷土史研究会

 文・岳野 住人  画・梅本 光男

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 生涯学習係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-0093 Fax:0943-32-4287 メールでのお問い合わせ