本文

広川町で『ハンプ』の実証実験を実施

更新日:2018年2月7日このページを印刷する

広川町では、通学・通勤時間帯の通り抜け車両の多い川上地区において、生活道路の安全性を高めるため合同点検を実施し、対策を進めてきました。今回、車両の速度を抑制するための『ハンプ』(仮設)を設置し、その効果や周辺環境への影響を把握するための実証実験を実施します。

実験期間

平成30年2月14日(水曜日)から平成30年3月12日(月曜日)まで

実験場所

八女郡広川町川上地区(別添参照)

実験内容

道路上に設置した『ハンプ』の速度抑制効果および周辺環境への影響の検証

 

広川町実証実験 [PDFファイル/542.22キロバイト]

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 土木係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1157 Fax:0943-32-4287 メールでのお問い合わせ