本文

広川町でハンプ設置の実証実験に向けた合同点検を実施

更新日:2017年12月27日このページを印刷する

合同点検の様子

広川町では、安全で安心して暮らせる住環境とするために、生活道路の安全確保の取り組みを進めています。今回は、扇島区から「区内の通学路で、狭小道路を、スピードを出して通る車がいるので、安全対策を検討してもらいたい。」という要望を受けて、仮設ハンプ設置の実証実験を行うこととしました。

このため、平成29年12月16日(土曜日)、扇島区において、地域と行政との合同点検を実施しました。合同点検には扇島区から、区長、分館長と、近隣住民の方々、および行政からは国土交通省福岡国道事務所、久留米維持出張所、八女警察署、広川町および教育委員会が参加し、扇島区公民館にて説明がなされた後、現地での合同点検を行って、仮設ハンプの設置場所等を決めました。

今後、この実証実験で、ハンプ設置による通行車両に対する速度低減の効果や、騒音や振動などの周辺住民への影響等を調査し、ハンプ設置の検討を進めていきます。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 土木係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1157 Fax:0943-32-4287 メールでのお問い合わせ