本文

水道管の凍結・破損にご注意ください!

更新日:2020年12月24日このページを印刷する

水道管の凍結・破損にご注意ください!

平成28年1月に西日本を襲った強烈な寒波の影響により、町内でも多くの水道管が凍結、破損、漏水いたしました。

宅地内で漏水が発生すると、漏水した水量分の水道料金は、原則としてお客さまの負担(※)になります。凍結の恐れがある場合には、水抜きや以下の凍結防止対策を行ってください。また、寒い時期に限らず、老朽化などで漏水している場合もありますので、定期的に漏水の点検をしましょう。

※判別が困難な地下漏水などの場合で、水道指定工事店の修繕証明がある場合、漏水分の料金を一部減額(還付)できる場合があります。

 

凍結を防ぐには?

水道管を保温材で包んだ画像

 

 

(1)保温材や布などをを巻いて保温してください。

じゃ口は破裂しやすいため、完全に包んでください。

 

 

 

 

 

水道管にまいた保温材の上にビニールをまいた画像

 

 (2)保温材や布が濡れないよう、上からビニールなどを巻いてください。

 

 

 

 

メータボックスの中に毛布を入れた画像

 

(3)毛布や布きれ、ちぎった新聞紙などを袋に入れて、メータボックスに入れてください。

上にはダンボールなどをのせて保温してください。

 

※直接メータボックスに布や新聞紙をいれると、凍るおそれがあります。

 

 

凍結した時は?

水道管にぬるま湯

 

水道が凍って出ないときは、タオルをかぶせ、その上からぬるま湯をかけてください。

熱湯をかけると、破裂やひび割れの恐れがあります。

 

 

 

 

漏水を確認するには?

水道メータ

 

 

(1)屋内・屋外のすべてのじゃ口を閉めてください

(2)水道メータのパイロット部分が回転しているか確認してください

※じゃ口を閉めてもパイロットが回転している場合は、漏水の可能性があります。

水道指定工事店 に修理を依頼してください。修理費用は所有者の負担となります。

 

 

 

水道管が破裂したら?

  1. メータバルブを閉めて水を止めてください
  2. 破裂した部分に布やテープを巻き付けて、応急手当てをしてください
  3. 水道指定工事店 へ修理を申し込んでください

 

 

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 上下水道係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1138 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ