本文

保険料の納め方と免除について

更新日:2018年4月1日このページを印刷する

 平成30年度の保険料を掲載しました、お得な前納をぜひご利用ください。

 国民年金保険料

 第1号被保険者は、国民年金保険料を自分で納めなければなりません。
 <国民年金保険料金額>

 平成28年度(平成28年4月から29年3月分)  月額 16,260円
 平成29年度(平成29年4月から30年3月分)  月額 16,490円
 平成30年度(平成30年4月から平成31年3月分)  月額 16,340円

 納付書およびクレジットカードによる納付

 国民年金に加入すると、4月に1年分の納付書が日本年金機構より送付されます。その納付書を使用して金融機関、コンビニなどで納付してください。
 送付される納付書には、保険料を前もって納付する「前納用納付書」も同封されています。前納すれば、その期間に応じて保険料が割引されます。割引額は下表のとおりです。

  2年分の保険料  1年分の保険料  半年分の保険料
 毎月納付した場合 393,000  196,080円  98,040円
 前納した場合 378,580  192,600円  97,240円
 その差額(割引額) 14,420  3,480円  800円

 口座振替で納付

 口座から自動的に保険料を納付するためには、振替を希望する金融機関に申出書の提出が必要となります。申出書は役場窓口にあります。
 その際、口座の届出印、預貯金通帳、年金手帳をお持ちください。
 また、口座振替による納付も、2年分、1年分、半年(6ヶ月)分の前納をすることができます。
 割引額は下表のとおりです。

  2年分の保険料  1年分の保険料  半年分の保険料
 毎月納付した分  393,000円  196,080円  98,040円
 前納した場合  377,350円  191,970円  96,930円
 その差額(割引額)  15,650円  4,110円  1,110円

 【手続きの方法】
 指定の期日までに口座振替納付申出書を振替を希望する金融機関に提出する必要があります。

 ○2年分前納 (4月末振替) ⇒ 2月末までに手続き
 ○1年分前納 (4月末振替) ⇒ 2月末までに手続き
 ○6ヶ月分前納(4月末振替)⇒ 2月末までに手続き
                 (10月末振替)⇒ 8月末までに手続き

 ※口座振替による早収割引制度(早割) 制度もあります。
 通常、毎月の保険料は翌月末の振替ですが、早割制度により、当月末に振替の場合、1ヶ月あたり50円割引されます。

 保険料の免除(全額、一部)・学生納付特例・納付猶予

 所得が少ないなど、保険料を納めることが経済的に困難な場合には、申請すると、保険料の全部または一部が免除されたり、納付を猶予されたりする場合があります。免除や猶予を受けた期間は、未納期間とはならず受給資格期間に算入されるうえ、あとで追納することもできます。

   受給資格期間には  障害基礎年金受給のための資格期間には  受け取る老齢基礎年金額には
   〇…入ります ×…入りません 
 全額免除  〇  〇  免除期間分は1/2の額が反映します
 4分の3免除
 (1/4の金額を納付)
 〇
※ただし1/4の金額を未納付の場合は×
 〇
※ただし1/4の金額を未納付の場合は×
 免除期間分は5/8の額が反映します
 半額免除
 (1/2の金額を納付)
 〇
※ただし1/2の金額を未納付の場合は×
 〇
※ただし1/2の金額を未納付の場合は×
 免除期間分は6/8の額が反映します
 4分の1免除
 (3/4の金額を納付)
 〇
※ただし3/4の金額を未納付の場合は×
 〇
※ただし3/4の金額を未納付の場合は×
 免除期間分は7/8の額が反映します
 学生納付特例  〇  〇  反映しません
 納付猶予  〇  〇  反映しません
 未納  ×  ×  反映しません

 ・免除、納付猶予の有効期限は承認後初めて迎える6月までです。
 ・学生納付特例の有効期限は承認後初めて迎える3月までです。
 ・免除、納付猶予、学生納付特例いずれも更新の申請が必要です。
 ・納付猶予制度の対象者は20歳から50歳未満の人で、本人および配偶者の所得が基準額未満である人です。

 申請する人へ

 申請に必要なものは、次のとおりです。

 (免除、納付猶予特例)
 ・年金手帳もしくはマイナンバーのわかるもの
 ・印鑑
 ・所得証明書
 (判定に用いる所得額の対象年度の1月1日に他市町村にいた人のみ)

 (学生納付特例)
 ・年金手帳もしくはマイナンバーのわかるもの
 ・印鑑
 ・在学証明書か学生証(写しでも可)
 ※ただし、学生証は有効期間のわかるものに限る。
 
 現在は、法改正により2年さかのぼって保険料の免除・学生納付特例の申請が可能です。
 過去に未納となっている保険料がある人はこの機会にご相談ください。
 
 ※過去にさかのぼっての免除・学生特例の申請の場合、別途確認または添付書類が必要となる場合がありますので、窓口でご相談ください。

 直接お問い合わせされる場合は、久留米年金事務所へお尋ねください。
 久留米年金事務所 久留米市諏訪野町2401 Tel 0942-33-6192

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 国保・年金係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1112 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ