本文

二種混合

更新日:2016年10月1日このページを印刷する

 

 二種混合(ジフテリア・破傷風)の予防接種

 ●ジフテリア
  ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2週間から3週間後には菌の出す毒素によって心筋障がいや神経麻痺を起こすことがあるため注意が必要です。
 ●破傷風
  土の中にいる菌が、傷口から人の体内に入ることによって感染します。菌が体の中で増えると、菌の出す毒素のために筋肉のけいれんを起こし、やがて全身のけいれんを起こすようになります。治療が遅れると死に至ることもあります。

 二種混合の接種時期

法で定められた対象年齢 回数 標準的な接種時期
11歳以上13歳未満 1回 小学6年生

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 健康係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1112 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ