本文

2017アジア太平洋こども会議・イン福岡(2)

更新日:2017年8月7日このページを印刷する

 表敬訪問

7月18日、広川町役場でこども大使を出迎え、飯田副町長と吉住教育長に表敬訪問を行いました。大連団の引率者であるリーさんは、「今回のこども大使を受け入れていただきありがとうございます。ぜひ機会があればこの町(広川)の先生を自分の学校にご招待したい。」と挨拶をしました。リーさんは大連で教員養成に携わっています。また、友好のしるしとして、ガラスでできた二匹の象の置物を贈りました。

表敬訪問

 出会いの日(カルチュラルデー)

7月18日、はなやぎの里でホストファミリーを中心に地域の人で文化交流のためのセレモニーを開催しました。出し物として、大連のこども達はおそろいの衣装でポップな音楽に合わせて可愛らしいダンスを、広川町のこども達は練習を重ねてきた歌(ふるさと)を披露しました。歓談のあとは、人間知恵の輪というレクレーションで盛り上がり、とても楽しい時間を過ごしました。

人間知恵の輪

 

集合写真

 

学校登校

こども大使はホストフレンドと一緒に、それぞれ上広川・中広川・下広川小学校に登校しました。歓迎会やプール、習字など、日本の文化や学校風習を体験しました。帰りに感想を聞くと「たくさん友達ができたよ!」と嬉しそうでした。習字を体験したこども大使によると中国では習字をしているこどもはあまりいないそうです。

 

学校登校

 

藍染体験

終業式のあと、こどもたちは久留米絣工房で藍染体験をしました。瓶の中に手を入れることを最初は嫌がっていたこども大使も一度つけてしまうと楽しくなった様子でいつまでも染めの作業に集中していました。縛っていた輪ゴムを外して模様が広がった瞬間に、こどもたちの笑顔もパッと広がりました。

藍染体験

 

藍染め上がったハンカチを使って、ハンカチアート、ハンカチマジック、ハンカチ落としをしたり、さまざまな遊びをしました。

 

ハンカチアート

 

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ まちづくり係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1196 Fax:0943-32-4287 メールでのお問い合わせ