本文

空き家利活用アドバイザー派遣制度

更新日:2016年4月4日このページを印刷する

  広川町では、すでに空き家になっている物件を持っていながら、売買・賃貸などで利活用することに不安を持つ人や、これから空き家になる自宅をどう活用するか悩んでいる人に、平成32年度までの5年間限定で「空き家利活用アドバイザー」を派遣する制度を始めます。

空き家利活用アドバイザー派遣制度とは

  空き家の流通を促進することを目的に行うもので、空き家の売買や賃貸を検討する所有者の申請により、宅地建物取引業者のアドバイザーが現地に出向き、現状を確認したうえで、売買や賃貸などに関する助言や、支援策の紹介を行うものです。

空き家利活用アドバイザーの役割

○空き家の状況確認

○所有者からの聞き取り、および空き家の売買、賃貸のための助言

○所有者が、当該空き家の売買または賃貸を希望した場合、各種支援制度などの紹介および利用手続きの支援

⇒各種支援制度:たとえば、売買の希望者には、取引が安心・円滑に進むように住宅の状態を明らかにする福岡県「住まいの健康診断」制度があります。

⇒利用手続きの支援:利用者からの要望に基づき、公的な施策の手続きについて指導することです。

対象となる空き家

  町内に所在する住宅(住宅部分の床面積が全体の2分の1を超える併用住宅を含む。)で、現に居住していない(近く居住しなくなる予定の住宅を含む。)一戸建てのもの

空き家利活用アドバイザー派遣制度の利用料 

  利用料は無料です。ただし、利用は1戸の住宅につき1回のみです。

  なお、アドバイザーの役割は、紹介や指導までとなりますので、具体的に売買や賃貸の仲介を依頼する場合は、本制度の範囲外となります。

空き家利活用アドバイザーの派遣申請

   アドバイザーの派遣を希望される場合は、下記「広川町空き家利活用アドバイザー派遣申請書」を広川町役場 政策調整課まで提出してください。

   なお、申請書内の”希望するアドバイザー派遣事業者名”につきましては、下記「空き家利活用アドバイザー派遣事業者一覧」より第1希望、第2希望を選択してください。

空き家利活用アドバイザー派遣申請書 [Wordファイル/20.58キロバイト]
空き家利活用アドバイザー派遣事業者一覧 [PDFファイル/48.41キロバイト]
住宅 イラスト

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

このページについてのお問い合わせ

[ 政策調整係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-0106 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ