本文

滞在先などでの不在者投票について

更新日:2019年3月5日このページを印刷する

長期出張などで滞在先の市区町村で投票する場合は、あなたの名簿登録地である広川町選挙管理委員会へ「不在者投票請求書兼宣誓書」を郵送して、滞在先に投票用紙を郵送してもらい、最寄りの市区町村選挙管理委員会で不在者投票をすることができます。
なお、郵送でのやりとりになりますので、お早めにご請求ください。
その際、記入に不備があった場合、すぐ照会できるように連絡先の電話番号などをご記入ください。

・不在者投票できる方:仕事・出張・旅行などで長期不在のため、投票日当日に広川町で投票できない方

・投票できる期間:選挙期日の公示日または告示日の翌日から投票日の前日までの間

・投票場所:滞在先の市区町村の選挙管理委員会

・投票できる時間:原則として午前8時30分から午後5時まで

 不在者投票の投票手順・手続きは次のとおりです

 1.投票用紙・投票用封筒の請求

   ご自分が選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会の委員長に対して、直接または郵便によって、投票用紙と投票用封筒(外封筒と内封筒)を請求してください。

※請求書(兼宣誓書)の町選挙管理委員会への提出および投票用紙のやりとりにはFax,Eメールは使えませんので、早めに手続きをするようにしてください。

※投票用紙などは、請求書の現住所に送付いたします。

 詳しくは、名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会にお問い合わせください。

 請求には「不在者投票請求書兼宣誓書」が必要になりますので、必要事項を記入の上、ご提出ください。

(広川町長選挙)不在者投票請求書兼宣誓書 [Wordファイル/47.50キロバイト]

 2.投票用紙・投票用封筒・不在者投票証明書の交付

   不在者投票事由があると認められると、投票用紙と投票用封筒のほか、不在者投票証明書が広川町選挙管理委員会より郵送されます。
   不在者投票証明書は、不在者投票証明書用封筒に入っていますが、広川町から滞在地の市区町村選挙管理委員会宛ての証明書なので、封筒は開封しないでください。(開封すると投票できません。)

 3.投票方法および手続き

   投票用紙などの交付を受けたら、それを持って公示日または告示日の翌日から投票日の前日までに(ただし、投票用紙を投票所の閉鎖までに選挙人名簿のある選挙管理委員会委員長へ、さらに投票管理者へ送るので、日数的に余裕をもって早めに)滞在地の市区町村選挙管理委員会へお訪ねください。

 ※投票をする前に投票用紙、投票用封筒を提示し、不在者投票証明書の入っている封筒を開封しないで選挙管理委員会へ提出してください。(開封すると投票できません。)
   また、あらかじめ投票用紙に候補者の氏名を記入しないでください。(記入してあると投票はできません。)

 4.投票用紙の記載・封入

   不在者投票記載場所で投票用紙に記入し、まず内封筒に入れて封をします。さらにその内封筒を外封筒に入れて封をし、外封筒の表面に署名します。

 5.不在者投票管理者へ提出

   外封筒に署名をしたら、立会人の署名(または、記名押印)を受けて、不在者投票管理者に提出します。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。
       

このページについてのお問い合わせ

[ 行政係 ]
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1804-1  Tel:0943-32-1255 Fax:0943-32-5164 メールでのお問い合わせ